6月8日(金)ピチェヴォ JAZZ LIVE

ピチェヴォ〈ピアノとチェロとヴォーカルと〉
音楽好きな大人たちに最高の夜! トリオ編成でお届けするJAZZ LIVE!!

日本でも屈指のサックス奏者・中村誠一の娘であり、キュートな歌声のジャズヴォーカリスト・紗理(Sari)によるジャズトリオ。瀬田創太(ピアノ)と橋本歩(チェロ)の3人の絶妙なバランスで織りなすトライアングルサウンドは、一度聴いたら癖になる不思議なハーモニー。

ピチェヴォ LIVE

6月8日(金)

OPEN 17:00
LIVE 19:30 & 21:00(2部制入替なし)

■出演
紗理(Vo)/瀬田創太(Piano)/橋本歩(Cello)

ミュージックチャージ  2,500円

エルコラソンに直接お電話、または予約フォームよりご予約ください。

 

■会場: エルコラソン

〒275-0026 千葉県習志野谷津4-4-31
TEL 047-452-4649
http://www.el-corazon.net/

 

※1〜2階吹き抜けのお店です。LIVEは1階で行います。2階席においては着席したままライブをご覧頂くことが困難なお席がございます。
※ご予約順にステージに近いお席からご案内させて頂きます。ご予約の人数により調整させていただく場合がございます。
※お一人様につき1フード、1ドリンク以上のオーダーをお願い致します。
※ライブ当日は23時まで全館禁煙とさせて頂きます。
※キャンセルについて、ライブ開催日から逆算して3日以内からキャンセル料金が発生する場合がございます。



紗理 JAZZ VOCAL

1985年横浜生まれ。
日本を代表するジャズサックス奏者、※中村誠一(T.sax)の娘。
5歳よりダイアナ石山Song &Danceミュージカル教室に通いダンスと共にミュージカルナンバーを学ぶ。 ミュージカル女優を目指していた高校2年次、エラ・フィッツジェラルドの歌に衝撃と感銘を受け、ジャズヴォーカリストになりたいと思うようになる。2004年洗足学園音楽大学ジャズボーカル科に入学、Dana Hanchard氏に師事する。それと同時にライブ活動を精力的に始め、 在学中から「味の素ギフト」「タイヤ館」「三ツ矢サイダー」のCMソングやナレーションなどでも活躍。

2008年洗足学園ジャズヴォーカル科を首席で卒業。
同年、5月公開 覚和歌子、谷川俊太郎、監督のカンヌ国際映画際出展作品 『ヤーチャイカ』の主題歌を唄う。7月渡米。ボストンにあるBerklee College of Musicに留学。Gabrielle Goodman氏に師事し、NYでライブ活動なども始める。

2010年アメリカから帰国後、第30回浅草JAZZコンテストにて銀賞受賞。ディズニーオンアイス2011では、「アラジン」 ジャズミン、「美女と野獣」ベルのパートの日本語吹き替えの歌を担当する。

2013年10月には、待望の自身のデビューアルバム「The Sweetest Sounds」をリリース。音楽雑誌JAZZ JAPANなどで大きく取り上げられ、同年11月、Thelonious Monk Institute of Jazzがサポートするヴォーカルコンペティション”Osaka Asian Dreams Jazz Competition 2013’”で優勝。

現在、ジャズシンガーとして、ソロ活動をする傍ら、ジャズコ‒ラスユニットChai-Chee Sisters(チャイチーシスターズ)"でも活躍中。

http://www.sariswing.com/